fc2ブログ
羊毛フェルトペット~小さなミニョンへの思い
2020 / 08 / 01 ( Sat )

ミニョンの形見の遺毛でメモリアムチャームを作ったのですが、
その時に使わなかった余った遺毛を丁寧に返していただけました。

ほんの少しですが、大切なものなので、
桐の箱とかカプセルとか、
何かよい保存方法はないかな、とネットで検索していたら、
“ペットそっくりの羊毛フェルト”を見つけ、とても惹かれました。

さっそくいろいろなショップを見てまわったのですが、
思ったよりもたくさんのお店があって、
どこを選べばいいのか迷ってしまいました。


だいたいのお店では、
「遺毛を本体の中にお入れする事もできます」と記載されていました。
(本物のわんこの毛は(特にトップコート)羊毛と馴染まないらしいです)
私もそのつもりで「入れてもらおう」と思っていたのですが、
そんな中で、
「羊毛と、愛犬の本物の毛を使ってお作りします」
というお店を見つけました。
それが◆うちの子製作所◆さんです。

HPで、今までの作品を拝見し、
どの子もみんな素敵で可愛く、とてもクオリティが高い。
唯一無二のその子にそっくりに作るための拘りがはんぱなく、
オーダーする際の注意書きが他のお店のそれとは比較にならないくらい多い。
何度も注意書きを読み返しながら、
大切なミニョンを託すなら、ここしかないって心に決めました。

ミニョンの遺毛は本当に少なかったのですが、
HPには「1本からお受けします」と記載があり、
製作までにやりとりさせていただいたメールでも
「活かせるように頑張ります」とおっしゃっていただき
とても嬉しくありがたかったです。
ミニョンの遺毛は、胸の飾り毛の部分に使っていただけました。


工房から、フェルトミニョンが仕上がり、
「今日おうちに帰るトラックに乗せてもらうようにお願いしました」
と連絡のメールが届いた時には嬉しくて、
「ミニョンが帰ってくる!」って喜んだのですが、
その瞬間、
ミニョンは帰ってこない。
トリミングサロンから「終わりました」って連絡が来て帰ってくるわけじゃない。
もう2度と帰ってくることはない。
ただオーダーしたフェルトの人形が届くだけ。
そんな思いにとらわれてしまい、やりきれない空虚感で
涙が止まらなくなってしまいました。

次の日、午前中に届いた宅配の箱も躊躇してなかなか開けられず、
複雑な気持ちで半日ためらっていたのですが、
夕方になって、
やっと箱を開けてお包みをそっと開いてみました。
そこには、
小さな、まぎれもなく“うちのミニョンちゃん”がいました。

ミニョンが帰ってきた、と言うのとはちょっと違うけど、
この子はただのフェルトの人形ではけっしてありませんでした。
私の中の、ミニョンへの尽きぬ思いが、
たぶん行き場をなくして混迷し辛くて苦しくて、
…そんな思いを、この子が受け止めてくれました。

「ママ大好き」って
言ってくれてるようなお顔を見るたびに
悲しい気持ちが和らぎ、可愛いミニョンを想います。

人の心をこんな風に癒せる、フェルトペットって
本当にすごいって素直に思ってしまいます。
この子を届けてくれた、◆うちの子製作所◆の職人さんには
感謝の言葉しかありません。


スポンサーサイト



にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村
ミニョンのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<羊毛フェルトペット~小さなミニョン | ホーム | 7月のアイン【まとめ】>>
コメント













管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
→http://mignon21ein25.blog118.fc2.com/tb.php/193-b68afdb7
| ホーム |