フェザー PNGはceleryによって設計されます Pngtree.com
FC2ブログ
旅立つ日まで~2019年12月の事
2020 / 07 / 08 ( Wed )

今日から、ミニョンの最後の時間を綴っていこうと思います。
私は、ミニョンが旅立つ最期の時まで、死を意識していませんでした。
だから、私にとってはあまりにも突然のお別れに
呆然とし受容れらることができず、
何もできなかったことを悔やみ、
何よりも、そんな状態だったことを分かってあげられなかったことが
悔しくて情けなくてなりません。
できるなら去年の12月に時間を戻してやり直したい。
今でもそんな風に思ってしまいます。



2019年の12月はとても忙しい月でした。

月初にアインの目の状態がとても悪く、
通院と眼圧を下げるための点眼治療に掛かりきりでした。

私も7月の骨折の後遺症で、
2週に1回、都内の病院のペイン科で神経ブロックの注射、
地元(と言っても乗換え込みで5駅先)の整形外科で
週に3回のリハビリ。
会社も半休や有休をかなり使って、
その分仕事もたまって忙しくなってしまいました。

12月25日はアインの誕生日とクリスマスのお祝い、
年末年始の準備に友達との忘年会、
本当に日々ばたばたでした。

そんな中、ミニョンが少し食欲をなくしてしまっていたのですが、
もともと食べムラがある子で、好きなものだけは食べていたので
それほど気にかけてはいませんでした。

クリスマスも過ぎ、そろそろ仕事納めという頃になって、
ミニョンは7月の時と同じような感じで、
食欲不振と嘔吐の症状で体調不良になってしまいました。
急性膵炎は繰返すことが多い病気。
年末年始の休みに入ってしまう前に、あわてて病院へ連れて行きました。
それが12月28日の事でした。

病院では血液検査をしたのですが、結果はそれほど悪い状態ではなく
吐気止めのお薬を処方されて様子を見ることになりました。
私は膵炎ではなかった事に安心し、
お薬を飲めばすぐに良くなるものと思っていました。

ミニョンはお薬が効いたのか、吐くことはなくなりましたが、食欲は戻らず、
トッピング用に使っていた大好きなのヘルマンのフードも匂いを嗅ぐだけ、
ササミや鹿の赤味肉とかぼちゃを茹でたもの、
タラなどの白身魚を茹でたもの、カッテージチーズなどをあげてみても
舐める程度に少量食べるだけでした。
唯一食べたのが、病院で購入した犬用のチュール。
10本ほどストックがあったので、
食べなかったらだいたいはこれをあげていました。

ミニョンの体調が悪く、しばらくお散歩に出ていなかったので
31日は公園へ行きました。
私は病院の検査結果でミニョンの状態がそれほど悪いと思っていなかったので、
少し運動させた方が食欲が出るんじゃないか、なんて思ってしまい、
あまり歩きたがらなかったミニョンに「ミーちゃん行こうよ!」と声を掛け
一緒に走ったりしてしまいました。
…たぶん、ミニョンはとても辛かったんだと今から振り返ると思います。
走るような状態ではなかったのに。
それなのに、私が走ると一緒について走ってきてくれました。
辛いのに我慢して、一緒に走ってくれました。

ミニョン0708
アップ0608

その時撮った写真を見ると、今でも涙が止まりません。
いつも笑顔で走っていたミニョンの顔が、
感情がないような無表情で、何を思っていたのだろう。
どれほど辛かったのか、痛かったのか、
分かってあげられなかった。
ミニョンのためなんて思ってた私は何も分かっていませんでした。
ミニョンの方こそが、いつも私のために一生懸命頑張ってくれていました。

そしてこの日が、ミニョンと一緒に出かけた最後の日になりました。

スポンサーサイト



ミニョンのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
獣医師への不信感
2020 / 07 / 05 ( Sun )

掛かりつけの動物病院は、
とても熱心な院長先生をはじめ、
若手の先生方も丁寧で治療方針の説明などもしっかりされて
安心して診ていただけると信頼して通っています。


ですが、昨年7月に体調を崩したミニョンを診ていただいた時は
正直、担当獣医師に対して不信感でいっぱいになってしまいました。

特に指定がなければ、担当の先生も行ったタイミングで決まります。
その時ミニョンの担当になった先生は、今まで見たことのない
若い女性の先生で、たぶん入られて間もない方でした。

普通は看護師さんに「○○さんどうぞ」と呼ばれて、
該当診察室に入っていくのですが、
その先生はわざわざ待合室の私の目の前にやって来て、
「ミニョンちゃんですか?可愛いですね!」と明るい笑顔で言いました。
とても感じのよい先生ですが、辛そうなミニョンを連れて
不安で心配で仕方のない私にはかなり違和感がありました。

数日間のミニョンの様子をメモにして持って行き、
症状を説明している私の話を、
慣れていないのかPCのカルテを打ち込むことに集中しすぎて、
私はずっと打ち終わるのを待って次の説明をする感じ。
何度も聞き間違えられ、「違います」と再度説明することもしばしば。

血液検査のための採血の際にはなかなか上手くいかず、時間が掛かりすぎる。
いつもミニョンは良い子でじっと動かず、すぐに済むのに…
あまりにも時間がかかり、ミニョンががたがた震えだす頃には
「もうやめてあげて下さい!」と叫びそうになりました。
結局その場で採血できず、「ちょっとお預かりしますね。」と
奥へ連れて行ってしまいました。
きっと他の先生に頼んだのでしょう…

点滴の針を刺す時も同様で、ウソみたいな話ですが
一度で上手く刺さらず、何度も抜いたり刺したり四苦八苦していました…

通院していれば、診察を始める前に、出した薬の効き具合や前回診察後の家での状態など、
素人でも確認するであろうと思われることは何も聞かれません。

そして行くたびに繰り返し聞かれたよく分からない質問。
「いつもの元気が100%だとすると今は何%ですか?」
初診の時はとまどいながらも「え?うーん10%くらいですか…」と答えましたが、
2度目、3度目には閉口して何も答えられませんでした。
飼い主とのコミュニケーションのつもりだったのでしょうか。
意味がわかりません。
土日に妹が行った時にも同じように聞いてきたのですが、妹は
「それなら0%、50%がどんな状況だか指針して下さい。分かりません」
と言ったそうです。
するとキレられて、「0%は寝たきりです!」とぶっきらぼうに言われたそうです。
妹からその話を聞いて唖然としてしまいました。
何も食べず、辛そうな愛犬を心配で心配で病院に連れて行った飼い主は、
その時点で元気の尺度は0%の気持ちに決まってます。

妹が痛み止めの薬の説明に納得いかず、再度説明を求めた時も要領を得ない回答で、
「それは院長先生に確認したのでしょうか?」と聞くと
「聞いてますよっ!」と語気強くキレられるしまつ。

たまたまその担当獣医師が休みの日に当たった時には、
院長先生と別の先生が診てくださり、その時にエコー検査をしていただき
しっかり説明を聞く事ができましたが。


そして、私はなかなか回復しないミニョンの心配と、
担当獣医師への不信感で頭がいっぱいで夜も眠れず、
とうとう通勤時に自転車で事故を起こし転倒してしまい
右手手首と腕の骨2本を骨折してしまいました。
その時の後遺症で、1年近く経つ今もリハビリに通っています。
crps
(10月の時点での手の状態。固定ギプスの後、なかなか簡易ギプスが取れず、
10月になって取れた時には指の拘縮と肘関節の稼動域の制限でほとんど右手が使えない状態になってしまっていました)


病院までは車で40分。
もう運転する事もできず、病院へも行かれなくなってしまいました。
代わりに妹が、午前中仕事を休んで通院してくれました。

私は病院へ電話して、泣きながら担当獣医師とは意思疎通ができず
このままではもう無理なので違う先生に代えて欲しい旨を伝えました。

そこからは今の副院長先生(当時はまだ役職はついていませんでしたが)
が診てくださり、
病院へ行くたびに震えが止まらなくなっていたミニョンも落ち着き
回復へ向かうことができました。

担当を代えて、でも、病院でその女性獣医師と顔を合わせても
妹にミニョンの体調の事を聞くこともなく無視されたそうです…

それから少しして、病院へ行ってもその獣医師を見かけることがなくなりました。
辞められたようでした。

経験不足はしかたがないとしても、この獣医師に対して信頼関係を築くことは私には無理でした。
そして飼い主の不信感・不安感は愛犬にも絶対に伝わってしまいます。
体調が悪い愛犬をさらに不安にさせてしまうなんて耐えられません。
獣医師との信頼感がどんなに大切か、改めて強く思った出来事でした。

ミニョンのこと | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ミニョン 2019年7月の出来事
2020 / 07 / 05 ( Sun )

ミニョンの事、
何から書いていこうかと悩んでいました。

最期の時のことを、
自分の思いの強さで頭の中で脚色してしまう前に
きちんと綴って残しておこうと思っています。

でもその前に、1年近く前の7月の出来事を
書き留めておこうと思います。



ミニョンは、幸せなことにとても元気に育ち、
生涯で入院は1歳のときに受けた避妊手術の1泊だけ。

お腹を壊したり、目に炎症がおきたり、
小さなことはあったけど、
病院で出されたお薬ですぐに回復しました。

そんなミニョンが去年の7月に体調を崩し、
嘔吐と食欲不振、今までになくとても辛そうな様子に
ただ事ではないと病院へ駆け込みました。
お誕生日過ぎの25日の事でした。

検査の結果、肝臓の炎症で、しかも重度と診断されました。
1日置きの点滴治療が必要で、入院か通院かの選択をすることになりましたが
選べるのなら、もちろん通院を希望しました。
私は仕事がありましたが、幸いシフト勤務で平日の休みがあり、
職場も自宅から割りと近くなので、会社から帰ってから通院できました。
土日には休みの妹が代わりに行ってくれました。


飲み薬も併用して出されていましたが、
数日経ってもなかなか回復の兆しがみえず、
1週間程して再度エコーの検査を受けたところ
肝臓の炎症よりも膵炎が原因と言われました。

最初の検査の時に膵炎も疑われ、検査キットで診断したのですが
その結果は陰性でした。
先生に確認すると、キット自体の精度があまりよくないとのことで
度々陰性となる場合があるとのことでした。

膵炎でも点滴治療に変わりなく、1日置きに病院へ通いました。
膵臓へ負担をかけない低脂肪の食事とお薬を併用し、
2週間過ぎる頃には、食欲も戻りだんだんと元気を取り戻しました。
もう大丈夫。これからは食事内容に注意して、
予防のためのお薬を飲み続けることで元気でいられる。
少し体重が減ってしまったけれど、
先生からは「心配ない」と言われ本当に安心しました。
元気に見えても16歳は高齢です。
今まで何事もなく過ごせてきたことで、健康状態に過信があったのかもしれません。
これからはもっともっと慎重に気遣っていかなければとその時は思いました。



そしてこの時、獣医師との信頼関係について
強く思うところがあったので、
それも併せて書き残しておきます。
ミニョンのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
誕生日月
2020 / 07 / 01 ( Wed )

7月は、ミニョンの誕生日月。

昨年までは、お誕生日の計画を立てて、
お出かけやケーキやプレゼントの準備、
ミニョンを喜ばせようと月初からいろいろ考えてました。

旅立ってしまった当初は、気持ちの整理もつかず
悲しくてどうしようもなくて泣いてばかりいたけれど、
少し時間が経って今は、ミニョンがいないことを受け入れつつ、
でもその分、寂しさが増して、喪失感でいっぱいになります。

ミニョンと一緒に過ごした日々を思うと、
幸せで楽しかった分、
どうしても気持ちが揺らいで切なくて心が痛む。
毎日の生活の中で、ミニョンがいないという事に
戸惑って動揺してしまう。

思いを共有してくれる妹と、
ミニョンの妹犬のアインがいてくれて、
気持ちがなぐさめられてはいるのですが。


7月は和名で文月と言うんですよね。
今月は、お空のミニョンを想って、
ミニョンの事をたくさん書いていきたいと思っています。

クローバー0701
パクっ


思いが溢れて、なかなか書けなくなってしまうのですが、
少しずつ、書いていこうと思っています。

思い | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
混合ワクチン接種
2020 / 06 / 30 ( Tue )

先日アイちゃんの健康診断に病院へ行った際、
フィラリアのお薬をもらってくるのを忘れてしまいました(>_<)

いつも愛読している可愛いダックスちゃんのブログで、
先日フィラリアのお薬の記事を読み、
「あ!」と思い出しました。
大失敗です。

私の病院では5月から12月まで月初に飲ませることになっているので、
今日のお休みにさっそく病院へ行ってきました。

本当は来月に予定していた混合ワクチン接種も、
ついでにお願いしてやってもらいました。

アイちゃんは膵炎予防のお薬を毎月もらいに来院しているので、
フィラリア薬も2ヶ月分、3ヶ月分とこまめに出してもらっています。
今回は2か月分いただいてきました(^_^)

フィラリア薬0630

明日の朝ごはんの時に飲まないとね。



メモ…6月29日点眼薬両方3,500円/5,000円
   6月30日ユーハイム(オレンジサンドバウム)
   5種混合ワクチン6,000円/ミルベマイシン×2 600円/フィプロスポット1,000円


アインのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ