fc2ブログ
ミニョン三回忌
2022 / 01 / 20 ( Thu )

2022年1月20日、
今日は特別な日

IMG_5737

ミニョンの三回忌です


朝から、あの日のことが頭の中に繰り返し甦ってきます
鮮明な記憶と、ぼんやりとした曖昧な記憶の間で、
映画のシーンを思い出すように、不思議とどこか他人事のようにも感じています


この2年は、それまでに経験したことがないようないろいろな想いに揺れて、
考え方や物の見方もだいぶ変わりました
自分の知らなかった自分に気づけたようにも思えます


お花とご馳走をお供えしました
お供え
ご馳走



ミニョンは、私にとって子供…と言うよりは
無二の親友で最高の相棒、そんな感じが近いように思います


初めてお迎えしたワンコで、何も分からなかった私は
しつけ本やワンコの気持ちや行動について書かれた本を
次々買っては読んでました
「いぬのきもち」も3年間購読していましたよ


でも、そんなたくさんの本よりも一番の先生はミニョンでした


失敗と試行錯誤、一緒に学んで一緒に築き上げてきたかけがえのない時間
私が教えて、ミニョンから教わる
そうしてお互いにお互いを分かり合って、いつの間にか強く心を結べたんだと思います


お花畑


困ったことがあると「ミーちゃん、どうしよう~
悩んでる時には「ミーちゃん、どう思う?」
不安や心配ごとの相談はいつもミニョンに聞いてもらってました

そんな時のミニョンは神妙なお顔で
「困ったね」なんて言ってるようで、
傍にいてくれるとそれだけで気持ちがとても和みました


IMG_0783


今でも同じように、心の中で聞いています
「ミーちゃんどう思う?」

だけどもう傍にミニョンはいなくて、
そんな時には何だかとても、
一人ぼっちで取り残されたような気持ちになってしまいます


姿は見えなくても想いは伝わる、きっと…
だけど…最近は、気配を感じることも殆んどなくなってしまいました
もしかしたらもう生まれ変わって、どこかで幸せに暮らしているのでしょうか
ミニョンは今でも私の傍に寄り添ってくれているのでしょうか…




三回忌の法要に、
22日の土曜日、ディアペットさんで開催される供養祭に参加します

出席確認のメールが届き、こんなことが書いてありました

「供養祭はお空の子にとって晴れ舞台でございます。
ぜひ、ご様子をお写真に納めて差し上げてください。」


なんと晴れ舞台!
そうだったんだ。ちょっとびっくり

ミニョンの晴れ舞台なら張り切らなくちゃね
アイちゃんが旅立ってから全然撮ってない写真も
いっぱい撮ってこなくちゃね



ミーちゃんへたくさんの想いを伝えに、供養祭に行ってきます




にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



ミニョンのこと | page top↑
毎月嬉しいプレゼント♪
2022 / 01 / 17 ( Mon )
クリスマスにとても素敵なプレゼントをいただいていました

私が…じゃなくって妹がですが

インスタのお友達がクリスマスプレゼントを送ってくれました


中身は

カランダー


すごい(゚○゚)  
アイちゃんとミーちゃんのカレンダーです



月ごとにピッタリな写真を選んでいただいて嬉しすぎです
妹のインスタからお時間をかけて探していただいて
そのお気持ちが嬉しくて
本当にありがとうございました



1月はアイちゃんのお正月の写真です

一月

お着物を着て、あの日すごく楽しかったね

1
2
3

全部覚えてるよ



幸せな思い出いっぱいのカレンダー

これから毎月ブログにその月の写真を載せたいと思います



にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村
日々のこと | page top↑
幸せの対価
2022 / 01 / 13 ( Thu )

アイちゃんが旅立った6月から、
ふらふら、寄り道や遠回り、道に迷ったりしながらも
一歩ずつ、前に進んできたつもりでした

だけど、あの日譲渡会に行ってから
時間が巻き戻ったように、元の場所に戻ってしまいました
決して譲渡会が悪いのではなく、自分自身の心と向き合えていなかったせいです


アイちゃんを失くしてすぐの頃よりも何故かもっと
どうしようもなく悲しいのです

私がどこかおかしいのかな?
そんな風に思えてしまいます


ネットでペットロスの記事をいろいろ見ていると
YAHOO知恵袋に「ペットロス症候群とは時間差でおこるものなのでしょうか」
というスレ立てを見つけました
質問者さんは15年以上一緒に過ごした愛犬を亡くされて1年少し経ち
最近になって愛犬の夢を頻繁に見る様になったとのこと
1年以上経っても悲しみが増すばかりで、自分が愛犬を忘れられず悲しんでいるので
愛犬は心配して天国にも行かれない
どうすれば愛犬に心配をかけず、安らかにしてあげられますか
という内容でした

私とはちょっと違うけれど…
その質問に共感してしまいます


この質問に寄せられた回答に、とても心に響くものがありました
長いのですが、一部抜粋です


犬を亡くした後悔は飼い主の業であり、悲しみは犬がくれた幸せへの対価です。
まだ幸せへの支払い途中です。
それだけ大きな幸せを持つ犬だったんです。
あなたは幸せ者ですね。
一年以上も支払わないといけない大きな幸せを犬から戴きました。有り難い事です。
その幸せに感謝せず、支払いの心配ばかりを嘆いています。
思い出してください。
犬を迎えたあの日。
犬が一歳になった日。
あなたの記念日に犬がいた日。
辛い事があってあなたは悲しいのに、犬はヘラヘラして全く心配してくれなかった日。
良い事があって犬に報告したら「良かったね!」と言ってくれたようで嬉しかった日。
抜け毛が面倒だった日。
吠えてうるさかった日。もう吠えてくれません。
あの日は嫌だった犬のあれこれも、楽しい思い出です。
亡くしてから思い知る犬の存在があります。
悩ませてくれてありがとう。良い思い出です。
良い事も悪い事も、たくさん経験させて貰えましたね。
そんな犬と出会えて、あなたは世界一の幸せ者ですよ。
犬から戴いた幸せへの支払いはこれからです。
自分の口座に貯めた、今までの後悔を、犬への感謝に変えて完済しましょう。
あなたが犬に行った事、行わなかった事は無意味です。
犬が与えてくれた事を実感してください。
それが供養になります。



読みながら、自分に言われてるように思えました
ミーちゃんとアイちゃんと過ごした日々が目に浮かび、涙がこぼれました


きっとこの回答を書いた方は、
愛犬ととても深い絆で結ばれて幸せな時間を過ごしたのですね
ご自身の人生が充実した豊かなものになったのが分かります
たくさんのものをいただいた愛犬に感謝する…
本当に、その通りだと思います


私もこれを書かれた方と同じように、たくさんのものをもらいました
ミーちゃんとアイちゃんがいてくれて、私の人生はとても輝きました
とても幸せでした 幸せすぎるくらいです
幸せの対価、だから悲しくても当たり前なんですね

dogrun
mignonein



お仏壇に手を合わせ感謝の想いを伝えました
少し心が軽くなったように思えました





にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村
思い | page top↑
お空への願い
2022 / 01 / 09 ( Sun )

大好きなブログ(グランマとシェリーとパフィー)のお友達トトちゃんが旅立ちました
18歳10ヶ月でした

トトちゃん


ずっとブログで応援していて、妹ワンコのミミちゃんとの生活を
ミニョンとアインに重ねて見ていました
元気なふたりの姿を見るのが嬉しくて、更新がとても楽しみでした

ハイシニアならではの不調は度々あったけど、
穏やかで幸せな日々を過ごしていたトトちゃん

突然のお別れに心がついていきません

そっと眠るように旅立ったトトちゃんのお顔は
本当に眠ってるようにしか見えなくて
穏やかで微笑んでいるようなそのお顔を見て
どれほど大切に愛されて幸せだったかを思わずにはいられませんでした
…涙が止まりません



今日の午後、トトちゃんはお空へ昇っていきました

我が家は住宅街の真ん中で、そこら中電線が張りめぐっていて
きれいなお空が見えるスポットなんてないのですが、
少し歩いて高台に行くと、少しだけお空を見上げられる場所があります

午後、トトちゃんがお空へ帰る時間に妹とその場所で
トトちゃんを見送ることにしました

青空

とてもきれいな青空でした


トトちゃん、幸せな時間をありがとう
自分の子のように想っていました

お空へ旅立ってもこの気持ちは変わりません
ずっとトトちゃんの幸せを願っています



青い空にトトちゃんを想い、
そしてミーちゃんとアイちゃんのことを想いました



にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村
思い | page top↑
メモリアルイラスト~レディーちゃん~
2022 / 01 / 05 ( Wed )

レディーちゃんはインスタのお友達
momoはレディーちゃんのことが本当に大好きなんです

お花畑


私はいつもいつもインスタを見てるわけじゃないけど
momoが良く話す子のことはとても身近に感じています

レディーちゃんもそのひとりです


19歳のお誕生日から、ママさんは毎月生まれ日の13日にお祝いされていました
11月には20歳のお誕生日を迎え、
そしてその10日後にママさんに見送られながら、そっとお空へ旅立ちました

momoが泣いていて、私ももらい泣きでした

お空


ママさんと妹のポメラニアンのぽんちゃんと一緒に
優しい幸せな時間に包まれていたレディーちゃん
最期の時はごはんを食べながら穏やかに旅立ったそうです
レディーちゃんの幸せなあふれる一生が伝わってくるエピソードです
厳しい状態の時を、何度もママさんと一緒に乗り越えてきたレディーちゃん、
神様との約束の時間いっぱい、ママとぽんちゃんと一緒にいたかったんだね


私が印象に残ってるポストは、
あまり歩けなくなったレディーちゃんがベッドでまどろんでる時に
妹のぽんちゃんがレディーちゃんの上に乗っかってた写真
一瞬「大丈夫なのー!?」って思ったけど、
その時のレディーちゃんのお顔の何ともに幸せそうだったこと
大好きなぽんちゃんとくっついて嬉しかったんだね
心温まる、とっても素敵な大好きな写真です


前回のききちゃんを描いてから、
ずっと心に温めてたレディーちゃんを描き始めたmomo

いつになく「大丈夫かな?似てるかな?可愛く描けてるかな?」って
インスタの仲良しのお友達に相談していたようです
(年末の忙しい時にありがとうございました((*_ _))ペコリ)

momoが頑張ったので、私も背景選びに気合が入ります
レディーちゃんに似合う、優しくて可愛い雰囲気が出てるといいな


ちょっとミニョンに似た面影の素敵な女の子、
momoも私もずっとレディーちゃんを忘れません

フレーム



レディーちゃんとママさんへ心を込めて-



にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村
メモリアル | page top↑
| ホーム | 次ページ